カテゴリ:▶112-( 1 )
██ 郷ヶ峰 N.S.S 爬虫類シリーズ-00* --- 【アオダイショウ 2007/09/上旬-観察個体編】
██ 郷ヶ峰 N.S.S 爬虫類シリーズ-00* --- 【アオダイショウ2007/09/上旬-観察個体編】 *印;暫定的であり、ナンバーは未設定です!
[要-最新版化]Firefox3向けの対策(■&━━--->通常ライン<hr>にて対応!)--->[シマヘビ](いろいろ)[アオダイショウ](いろいろ/特に画像を消してしまった黒っぽい個体の再アップロードや水飲みシーン(2009/05下旬に約1280mmの大きさで、この記事の個体ではない(恵まれた獲物獲得条件下において年に3度の脱皮をする個体が、1年半以上過ぎて、130mmしか大きくならいはずがない)ものの、数メートルの場所に居るので弟や妹の可能性大。)は、なるべく6月中旬までに行なう!) それぞれLINKコーナーに入れる!--->題名 及び文面の見直し?(記;05/30-早朝)

【テーマ】[アオダイショウ/青大将]の移動を[コオロギ]になった気分で観察する!(マクロ撮影/マクロ写真)
【ひとこと】◆今回の個体は、まだ、そう大きくはなっておりません※1が…、(H19)2007春先に冬眠から目覚めたてのメス?※2の[超マクロ撮影/超接近撮影]を試みながらホンの2秒程度の差で動かれてしまい、撮り逃して(のがして)いたためか、その後、念入りに観て回る機会が増えたせいで…随分な枚数の[アオダイショウ]を撮り終えております!
そんな中で、今回、幸運にも、[アオダイショウ]らしさ※3の点では極めて上等な個体の撮影に成功致しました! !(^^)! 
※1;体長は、約1170mm程度 (その程度のサイズでありながら立派な太さで、相当大きくなる気配が感じ取れる…黒系の[アオダイショウ]でした!)
※2;顔付きから、[メス]の感じを受けました!(丸みを帯びていて、可愛い感じのする約1050mm程度の薄緑系の[アオダイショウ]でした!)
※3;今回の個体は、腹部の状態の黒味加減が薄く[黒系のアオダイショウ] [薄緑系のアオダイショウ] [腹部までも黒ずんでいるアオダイショウ]の3タイプに分類致しますと、同じ発見場所にて発見の、樹上にて大あくびをしていた[コチラ][腹部までも黒ずんでいる※4アオダイショウ(約1520mm)](記事は未配信)とは親子関係はない可能性が大きく、どこまで体重が増えるか?気になりますが…太さの点では将来相当期待してよい印象を受けた…という意味!
※4;腹部が黒系の個体でも、今回の個体同様に[喉付近]は全て通常の色合いながら…その後方から黒味が増し、かなり毒々しさが増す!
【お知らせ】撮影期日;(H19)2007/09/上旬
【LINK】 [ ](未) [ ](未) [ ](未) [ ](未)

【KEYWORD】 [] [] [] [] [] [] [] []

❚▶[アオダイショウ/青大将]の左側にて…。将来[大蛇/オロチ]へ…の期待大! [光岡自動車]さんの[オロチ](口元のイメージを導入!)は[コチラ]
e0106981_22485654.jpg

❚▶1600x1200 382KB JPEG 

❚▶別角度からのものを、近日中に追加へ!

❚▶****x*** ***KB JPEG

【検 索】 [Wikipedia]-[ヘビ][ナミヘビ科][ナメラ属][アオダイショウ][鮮明画像] [Google検索]-[アオダイショウ][青大将] [アオダイショウ マクロ] [青大将 マクロ]

❚▶【覚え書き】--[配信期日;2007/09/05] [移設期日;*/*/*]


[PR]
by colorist-1000MB | 2007-09-05 22:53 | ▶112-